お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7303-9938

再診・ご予約専用ダイヤル

03-6447-0046

ご予約の方はこちら

WEB予約

かみ合わせ治療(歯ぎしり・食いしばり)|表参道・青山で最良の歯科治療を提供する歯医者ならオーラルケアクリニック青山

オーラルケアクリニック青山
〒107-0062 港区南青山3-15-6リップルスクエア Dビル3F 受付時間 火~金 10:00~19:00 / 土 17:00まで 初診専用ダイヤル:050-7303-9938 再診・ご予約専用:03-6447-0046
ご予約はこちら

かみ合わせ治療(歯ぎしり・食いしばり)

身体の不調はかみ合わせが原因かも?

お口の状態は確認していますか?

さまざまな身体の痛みを軽減するために、まずは整体やマッサージ、ハリ・灸・などにいっていませんか?すっきりして帰ってきたのに、また元に戻ってしまう・・・。それは、嚙み合わせが原因の可能性があります。
身体は頭部と腰部の重心を支点として、背骨と筋肉によって支えています。かみ合わせが悪いと頭部がズレて、頚椎が歪み、骨盤や背骨の歪みに繋がっていきます。
歯ぎしりや食いしばり、歯の欠損、歯の被せ物の不良などがあると、かみ合わせが悪くなります。

気が付くと右左どちらか一方で噛んでいる、それは単なるクセでなく、脳が発する“かばう”指令です。また、大切なフェイスラインまで乱れていることも多いのです。

整体やマッサージに行って一時的に回復はしたけれども、また元に戻ってしまったという場合は、歯科医院で一度検査することをお勧めします。

身体の痛み

かみ合わせが原因で歯ぎしりをしていることも

ストレス社会だからでしょうか、日本人の多くの方が歯ぎしりや食いしばりをしているようです。しかも気付いていない方が多いのですが、姿勢や口腔内をみればすぐにわかります。かみ合わせが合っていないことが問題で歯ぎしりや食いしばりをしてしまっている患者さんが最も多いです。

睡眠中の歯ぎしりによる影響

睡眠中の歯ぎしりは、実は誰もが起こりうる現象なのです。 しかし、多くの人が自覚しておらず、自分自身で気づいている人は少ないと言われています。 歯ぎしりの主な原因はストレスといわれています。 例え健康な人でも疲労が溜まったり、ストレスを感じると歯ぎしりをしており、それによりストレスを発散しているといわれています。

歯ぎしりの力は、食べ物を噛むときの倍以上の力がかかっているのです。 そのパワーはなんと300KG近く、サメの食いちぎる力より衝撃が起きているケースもあるのです。

そのため毎晩のように歯ぎしりをしていると歯に重度の負担がかかり、やがてその力に耐えきれなくなり、歯が欠ける、歯が割れるなどといった症状が出てきます。 また、その強い力は歯茎まで影響を及ぼし、歯周病を悪化させる原因にもなるのです。 『歯』だけでなく、肩こりや頭痛など全身の問題にも関わってくることなのです。

睡眠中の歯ぎしり

歯ぎしりのセルフチェック

歯ぎしりは無意識なものなので、自覚することはなかなか難しいですが、次のことが当てはまる人は歯ぎしりをしている可能性が高いといえるでしょう。

まずは自分のお口や体の状態を確認することが大切ですので、下記のセルフチェックを行ってみて下さい。

パートナー、親から歯ぎしりの指摘をされたことがある。

朝起きたときの顎まわりの痛み、こわばりを感じることがある。

日中、気づくと上下の歯が接触している。

下の歯肉の内側にある骨に膨らみがある。

歯に筋が入っている、歯が欠けている。

肩こりや頭痛がある。

頬の内側や舌に噛んだ跡がある。

一つでも当てはまる方は、症状を悪化させないために、予防や治療をすることが大切です。

治療方法と予防について

マウスピース治療

当院では、オーダーメイドマウスピース治療を行っています。マウスピースをはめることで、食いしばる力を逃しやすくする方法です。このマウスピースには様々な効果があります。

  1. 歯のすりへりを軽減することができる。
  2. 顎関節症の予防。
  3. 顎周りの痛みを和らげる。
  4. 歯周病の悪化を防ぐ。
  5. 知覚過敏を改善することが出来る

認知行動療法

良くない癖や習慣がないか、一緒にチェックしていきましょう。ご自分では気がついていないことがほとんどなので、まずはそれを自覚することが第一歩になります。

歯やあごへのダメージが大きいTCH(歯列接触癖:上下の歯が軽く触れる程度に接触している状態を続けてしまう癖)や、頬杖、うつぶせ寝、かみしめなどには特に注意が必要です。

自分にはどんな癖があるのか、それがどんな悪影響を及ぼしているのかをよく知り、改善するための訓練をしていきます。

口腔筋機能療法(MFT, セルフケア)

マッサージやマウスピース治療の効果を高めるために、セルフケアハンドBOOKを差し上げています。自分でできるストレッチ・トレーニング方法などを紹介していますので、ご自宅でも行ってください。

※詳しくはオロフェイシャルマッサージを御覧ください(ここをクリック)

例えば、あごの位置ズレや姿勢の乱れには、「口呼吸」や「舌のポジション」も大きく関わっていると言われています。舌が下がって口から呼吸をしていると、気道を確保するために頭が前に倒れてしまうからです。正常な舌のポジションは、上の前歯のすぐ後ろ、ただし歯には触れないあたりに舌の先が触れています。

そして口唇は軽く閉じ、上下の歯は触れずに鼻から呼吸をしてください。これができない、あるいは疲れる、と感じる方は口腔周囲の筋肉が衰えている可能性が高いでしょう。このような方に必要なのが、口腔筋機能療法と呼ばれるトレーニングです。当院ではこちらの指導にも力を入れています。

※詳しくは、コラムの”口呼吸は危険!?鼻呼吸にすると得られる6つの効果”をお読みください。(ここをクリック)

かみ合わせ、歯ぎしり・食いしばりが気になったらまずはご相談ください。

歯ぎしり・食いしばりなどは、精神・心理的な要素が大きいですから、自己暗示療法・認知行動療法・口腔筋機能療法を用いて、自身で歯ぎしりや食いしばりを予防する方法も指導させていただいておりますので、気になりましたらまずはご相談ください。

PAGE TOP