お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7303-9938

再診・ご予約専用ダイヤル

03-6447-0046

ご予約の方はこちら

WEB予約

虫歯治療|表参道・青山で最良の歯科治療を提供する歯医者ならオーラルケアクリニック青山

オーラルケアクリニック青山
〒107-0062 港区南青山3-15-6リップルスクエア Dビル3F 受付時間 火~金 10:00~19:00 / 土 17:00まで 初診専用ダイヤル:050-7303-9938 再診・ご予約専用:03-6447-0046
ご予約はこちら

虫歯治療

ご自身の歯と長持ちさせるために歯を削らない治療を目指しています。

虫歯とは

むし歯にどうしてなるのか?

歯の周りに増殖した虫歯菌が出す「酸」によって、歯のエナメル質、象牙質が溶けることでむし歯ができます。
虫歯菌は、砂糖を原材料にして酸を作っています。

むし歯になりやすい人と、むし歯になりにくい人がいる

むし歯のなりやすさは、その人の持つ①虫歯菌の量・種類、②唾液の量・性質、③歯の強さ、④食習慣などによって決まります。
虫歯菌は、歯が生えてから3歳くらいまでに口の中に感染して定着しますが、両親の口腔内の状態が悪く、
食べ物の口移しなどを日常的に行っていると虫歯菌が定着しやすいと言われています。
唾液には、虫歯菌に対する抗菌作用や、酸を中和する作用があるのですが、唾液の量が少なくネバついている人はむし歯になりやすくなります。
また、甘いものや酸性度の高い飲食物を好む人、噛み合わせが悪く歯ブラシが難しい人、遺伝的に歯が弱い人もむし歯リスクが高いので注意が必要です。

むし歯の症状

むし歯になっても、初めのうちは何も感じません。むし歯がエナメル質を超えて象牙質にまで広がってくると、
冷たいものがしみたり、チョコなど甘いものでツーンとした痛みを感じたりします。
さらに歯の内部の神経にまでむし歯が広がると、何もしなくてもジワーッとした鈍痛が続いたり、 ズキズキして眠れないくらいの痛みを生じることがあります。

むし歯の進行と治療法

C0:初期むし歯

治療法: フッ素塗布や口腔清掃指導を行い、再石灰化を促しつつ進行を阻止する。定期的な経過観察が必要。

C1: エナメル質(歯の最表層)に限局したむし歯

治療法:初期むし歯と同様の処置。場合によっては、小さく削った部分に詰め物をして拡大を防ぐ。

C2:象牙質(歯の内部)まで達するが、歯髄にまでは及んでいないむし歯

治療法: 大きさと広がりの度合いによって異なるが、 むし歯をとった穴に詰め物をしたり(コンポジットレジン、各種インレー)、全体を覆うような被せ物(クラウン)をかぶせる。

C3: 歯髄(神経・血管)にまで達したむし歯

治療法:むし歯に侵された歯髄の組織を除去し、根の内部の消毒を行う。むし歯が大きいので最終的には被せ物になることが多い。

C4: 歯の頭の部分が崩壊し、根だけが残ったむし歯

治療法: 抜歯

自由診療で出来るむし歯治療

カリソルブ(むし歯以外を限りなく削らない治療)

次亜塩素酸ナトリウムなどを主成分とした専用の薬剤で、むし歯に感染した象牙質のみを柔らかく溶解させて除去します。
ほとんどドリルを使わずに治療ができるので、歯を削る振動や音が苦手な方に適しています。
デメリットとしては保険適応外になるため、むし歯をとった後の治療(詰め物やかぶせ物)も自費治療になります。

ドッグベストセメント(できるだけ神経を取らない治療)

通常の治療では神経を取らなければならない大きなむし歯に対して、感染した象牙質を一部残したまま殺菌作用のあるセメントを一層おくことで、
神経を取らずにむし歯が進行するのを防ぐ方法です。神経を取ると歯が弱くなると言われており、
お子さんや、なるべく神経の治療をしたくないという方に適しています。
こちらも保険の適応外のため、ドッグベストセメントの上から穴を埋める治療(詰め物やかぶせ物)も自費治療になります。
また、痛みがある場合や歯の状況によってはドッグベストセメントを使用できない可能性があります。

むし歯治療を行いながら予防を行う

当院では、小さいむし歯はなるべく削らないで管理しています。残念ながら削らなければならない場合も、
単に削って治療しただけでは、再びむし歯になったり治療がうまくいかないことがあります。
そのため、それぞれの患者さんのむし歯の原因、リスク因子を徹底的に見直す必要があります。
患者さんの多くは、虫歯菌のコントロール(ブラッシング)が不十分で、食習慣も好ましくないことが多いです。
人によっては、唾液が出にくかったり、遺伝的に歯が溶けやすい方もいるので、歯科医院でチェックしてもらいましょう。
当院は、むし歯治療と並行して予防処置(ブラッシング指導や食習慣の指導、
クリーニング、フッ素塗布などむし歯の原因へのアプローチ)も行っています。

当院はなるべく歯を削らないように心がけています。

オーラルケアクリニック青山では、むし歯をなるべく削らないようにしています。虫歯だから削る・・・ など目先に捉われず、患者様に最適な治療を提供するのが当院の方針です。すぐに削る必要のない歯を、削ってしまうことが無いように適切な治療を行います。
また、「痛い」と思わることが多いむし歯治療ですが、痛みには細心の注意を払い、患者様の嫌な気持ちを少しでも軽減していただくようになるべく痛みを感じない治療を心がけています。

虫歯治療

なぜ、なるべくむし歯を削らないほうが良いのか?

歯を削ることは、削ると同時にリスクを背負うことになります。

  • むし歯を削り、削った部分を詰める
  • 詰め物と歯の境目から、2次カリエス(むし歯の再発)になる
  • 2次カリエスを取り除くために、更に大きく削ってインレー(詰め物)を入れる
  • インレーと歯の境目からまたむし歯が再発する
  •   
  • 更に大きくむし歯を削って、クラウン(被せ物)をする
  •   
  • 最悪、神経を取ることがある
  •   
  • 神経を取ると歯が脆くなるので、抜けてしまう

上記のことが一般的な保険のむし歯治療です。削らない歯をむやみに削ることをせず、ご自身の歯をなるべく残す努力をしています。

なるべくむし歯を削らないために

歯をなるべく削らないようにするためにはメインテナンスが必要です。

削らないようにするためには、むし歯の進行を防がなければなりません。
むし歯の進行を防ぐためには、歯科衛生士によるメインテナンスが必要になります。
当院の歯科衛生士が歯の状態を管理し、定期的にクリーニングをすることで、進行を防ぐことが出来ます。

治療後のメインテナンス

PAGE TOP