私たちの提唱する独自のメソッド【オーラルヘルスケアメソッド】

私たちの独自メソッド「Oral Health Care Method」

Oral Health Care Methodとは?

オーラルヘルスケア・メソッド、難しく感じる方もいるかと思いますが、「患者様に最高レベルの満足を提供できる歯科医療の実現」をするための方法のことです。

個人開業医が一般的な日本では良くも悪くも“一つの歯科医院ですべての治療を”が基本ですが、世界に目を向けてみれば、各診療科目のエキスパートがその診療科目だけで歯科医院を開業しています。

本来、患者様が持つ個々のお悩みに対して、欧米先進国のように、その悩みのエキスパートが対応するのが最も満足度が高いのですが、日本では広く浅くでもオールマイティであることが重要視されています。

それならば、「一つのクリニック内に、各診療科目のエキスパートを集める」ことで、患者様の持つあらゆる悩みに最適な治療方法を提供する。というのが、Oral Health Care Methodなのです。

独自メソッドを実現する「専門医たちのチーム医療」

専門性の高い歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士のネットワークにより、総合的にお口の症状と改善に向き合います。 歯科では、ほとんど見られない専門性の高い人材によるチーム医療で取り組んでいます。

現代は虫歯だけでなく、歯周病、噛みあわせなど、お口とお身体の健康を大きく損なう複合症状が増えてきました。複合的に問題を抱えた患者さんに対しては、どうしても包括的なアプローチが必要です。どれか一部を治療してもまた再発する可能性が高いからです。

一般歯科・歯周治療・補綴・かみ合わせ・審美治療・矯正・インプラント・予防/メンテナンスなどの専門医が在籍しています。それぞれの領域での学術性、専門性の高い歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士が一丸となってどんな些細な悩みにも対応します。そのため、当院では積極的にセカンドオピニオンを行っています。

Otal Health Care Methodの4つの軸

メソッド1:メソッドの土台である「歯科ドック」

当院で行う「歯科ドック」で、患者さんの歯とお口の徹底した総合検査を行ったうえ、複雑に絡み合った問題の根本原因を導き出します。

目先の不安解消や機能回復だけでなく、治療後も安心していただくためにも精密な検査結果を共有しながら、ご満足いただける治療計画をお作りすることが出来ます。そして患者さん一人一人と解決方法をとことん話し合うためにたっぷりとカウンセリング時間をかけます。

更に症状に応じて、専門医たちが症例検討会を行い、治療へと進みます。 進行性のむし歯以外は、やみくもに削ったり、一時しのぎ的な治療・・・例えば長く持たない詰め物や被せ物は行いません。 私たちが目指すのは、患者さんを包括的にサポートし、根本問題を解決することです。 患者さまご自身の健やかな口腔環境と安心のために、悩みや想いに耳を傾けます。

見た目にこだわる審美修復や最も大切な予防・ケアにも力を入れています。 個人的なお悩みを気軽にご相談していただけるように。そして、歯科クリニックが美容院のようにライフスタイルの一部分になれるように、当院は包括的治療を通して、患者さんのお役に立ちたいと思っています。

歯科ドックは保険で指定されていない検査も含みますので保険外診療となりますが、保険で対応希望の方は遠慮なくおっしゃってください。

メソッド2:徹底して手厚い一般歯科治療

保険内で可能なできるだけ多角的な検査を行ない、結果を詳細に共有し、カウンセリングも実施いたします。当院は保険治療でも基本1時間マンツーマンでドクターと衛生士がつきっきりで対応/治療いたします。

一般的に歯科クリニックは、1日に25〜35人の患者さまを診療すると言われます。1日8時間として1人の医師が対応できるのは分刻みの15分です。医師の物理的時間は限られるからです。患者さまからは、もっと時間をかけてほしい、診察台で放おっておかないで、予約時間に来てるのに待たせないで言う声を聞きます。

私たちのメソッドは受入れる患者数を絞って対応すること。そうすることで時間をかけて問題や患者様の希望に向き合うことができるのです。(治療のご希望をお伺いし、検査を行い治療開始前にカウンセリングを行うことを基本としています。)患者さまのお時間を大切に治療完了まで確実にサポートいたします。完全予約制を取ることでお待たせすることがない診療を実施しています。

一方で、痛くなくなればそれで良い。という患者様は、当院での治療はお勧めできません。なぜなら、その場しのぎの治療は一切行わないからです。「しっかり治したい」「もう2度とこのような思いはしたくない」という方に向けて、当院は妥協なく全力で治療を行います。

メソッド3:未来型予防歯科

治すために治療をするのではありません。予防するために治療するのが私たちのメソッドです。 保健医療が当たり前になってしまった私たちは、いつの間にか歯医者は、痛くなったら、詰め物が取れてしまったら、歯がグラグラしたら、と手遅れな状態になってから行くところになっていませんか?

確かに詰め物が外れたりするのは、虫歯がまわりで拡がっているのですから削って作り直せばいいことです。しかし、一旦削った歯は元には決して戻りません。もし定期検診をしていれば、虫歯が拡がる前に対処し、同じ詰め物がそのまま無駄にならずに使えるかも知れません。

グラグラしてからでは歯周病は深く進行し、歯を支える骨を既に溶かしているはずです。ここから治すのは容易ではありません。何度も通って骨の回復を待つ必要もあります。その間、しっかり噛めずに食の楽しみも半減してしまうことも。日頃から注意を払えば、ブラッシング時の出血で歯周病が進行しているサインに気づく事ができます。この状態であれば、早めに修復が可能なのです。

世界的に遅れをとる「日本人の歯の問題」。その根本原因は、クリニックで行うプロフェッショナルな予防を受ける習慣がないからです。日々の我流ブラッシングでは、汚れは落としきれず、悪い口内菌の繁殖を防げないのです。

スウェーデン・・・・・80%
アメリカ・・・・・70%
日本・・・・・16%

この数字をご存知ですか?定期的に歯科に定期検診、メンテナンスを受けている国民の割合です。通常永久歯は28本、親知らず合わせると32本あります。最低20本がおいしく食事を楽しめる本数と言われます。スウェーデンの80歳の平均残存歯数25本に比べて、日本では15本(2016年)です。その差の10本、入れ歯やインプラントでカバーするのですか?定期検診、メンテナンスを受けている人は、受けてない人に比べて残る歯が多いということの証明と言えます。

歯一本の価値は100万円とも言われています。32本としてなんと3200万円です。歯は、超高級車よりも高い価値を持っています。定期検診とプロフェッショナルクリーニングはその価値を守るための自己投資です。今からでも考えを改めて、自分のお口を大切にしていきましょう。私たちはそのお手伝いをしています。

メソッド4:満足を徹底追求する審美修復

当クリニックに多いご紹介の患者さまには特徴があります。悩みも深く、諦めかけていたり、人に相談しにくい・・・。でもちょっとした勇気で「あなた歯がキレイね、どこ行ってらっしゃるの?」との会話から始まり、ご紹介につながることが多いようです。

当院には、日本でも数人しかいない日本審美歯科学会の常任理事らが3人在籍しています。常に新しい技法や素材について研究し、患者様のご希望に応えようとしています。理事でもある歯科技工士も患者さまと直接向き合い、細かい色や形状の調整、空いた歯の隙間を埋めるなど患者様の「理想としている姿」に応えます。

「えっ、表参道!?それって超高い歯医者でしょう?」

場所柄、そう思われる方もおられるかも知れません。このアジアで最もオシャレと言われる街、流行やファッションの先端を行く街、著名なヘアサロンが数多く集まる表参道。美しく素敵であり続けたいと思われる人々が集まる街だからこそ、予防歯科が拡がることを願って選びました。

「いえ、保険対応もしてるし、セラミックスなどの被せ物とか他の医院と変わらないわよ」・・・「どうせなら知人が通っているクリニックで治そう」と言って来院されます。

ご自身を大切にされているからこそ、自由診療の詰め物や被せ物を選択する方が多いのが特徴です。そして、せっかくの美しく自然なオーダーメイドのセラミック・クラウンです、一生モノになるよう大事に予防ケアをして行きましょう。

私たちグループのメソッドであるカウンセリングを受けてメンテナンスの重要性に気づき、皆さん、治療後何年も何十年も定期ケアを継続されています。

私たちは心よりご満足いただいて、深い信頼と、長い関係を、そして一生のお付き合いを目指しています。